知覧研修に参加をして③

【知覧研修③】
 知覧研修2日目。
当時の特攻隊さんたちのように、
まだ空が暗いうちから特攻隊さんに関わる各所を廻りました。

各所毎に、女将さんが説明をして下り、当時の人たちの思いや行動を学んだ。
また、『慟哭、誓いの碑』の前で、唱和した際に
この言葉の重みと必ず守らなければいけないという気持ちを感じました。

各所を廻った後、朝食へ。

朝食は、おにぎりや蒸かしたサツマイモといった
当時の食事を再現して頂いたものでした。

朝食を終え、女将さんに2時間程の講話を頂きました。
普段、いて当たり前のようになってしまっているが、
家族や友達、地域社会や卒業した学校、会社や
日本、世界、地球に自分は一体何が出来ているかというお話でした。

講話を頂いた後、ビデオを別館で鑑賞し富屋旅館を出発。
短い間でしたが、有難い講話やお食事をご用意して下さった、
女将さんを始め旅館の方々、本当に有難う御座いました。

その後、朝の各所廻りで一度訪れた知覧特攻平和館を見学しました。

平和館の中には、当時の戦闘機や特攻隊の方々の手紙があり、
一つ一つ見て回りました。
「それぞれの思いや覚悟がある中で、
皆、日本の勝利と未来を願っていたんだな。」と思い、
僕たちのために戦って下さった特攻隊の方々へ心から感謝をしました。

この研修で、
「僕自身がお客様を幸せにしようという覚悟が
 まだまだ足らなかったのではないか?
 もっと自分が出来ることはあるのではないか?」と気づくと共に、
「絶対に僕に関わって頂いたお客様は幸せにしよう!」
という覚悟を改めて決意することが出来ました。

知覧研修に参加をさせて下さいました、
役員の皆様、本当に有難う御座いました。
また、研修中も本社や各支店で業務をして下さいました、
先輩の方々やクルーの皆様、本当に有難う御座いました。

まだまだ書ききれないほど、
多くの気づきと学びを与えて下さった今回の研修のことを忘れず、
業務でも努めて参りたいと思います。

不動産事業部 高橋 大貴