【夢駅伝で学んだ事】

2月10日に八王子夢駅伝に参加させて頂きました。

私は1区で八王子駅前から西八王子駅を越えた辺りまでの4.7キロ走りました。

大会前日に前回の記録を参考に
私が練習で走ったタイムを順位に当てはめて見るとなんと最下位でした汗

前日になって焦りと緊張が走りました。

当日、スタートは番号順で、
案の定前から3番目辺りにならばされてスタートダッシュを切りました。

沿道でエイトの仲間達が応援してくれているのを横目に
50メートルくらいは全力ダッシュしました!!
100メートル程行くともうバテバテでした汗汗

500メートルを過ぎる地点ではもう、
一番最後のランナーになってしまいました。
不甲斐ない結果になってしまって、
次の走者に何と言ってタスキを渡せばいいのか、、、
私が遅すぎて1区でタスキが繋げないなんてこともあるのだろうか、、、など、マイナスなことばかり頭で考えて、体もさらに辛くなっていきました。

しかし、沿道で応援して下さっている方がたくさんいたお陰で自分を鼓舞しながら何とか前へ前へと進めました。そして沿道の方々は私が最後のランナーだというのを知って、「頑張れー!!」とたくさん声を掛けて下さいました!(^^)!

その一言一言が後押ししてくれて、
何とか制限時間内にタスキを繋ぐ事ができました。

最後のランナーという事もあり、一番たくさんの「頑張れ!」を集められたと思います。今回、頂いた「頑張れ!」を、仕事を通して「ありがとう」に変えられるよう尽力して参ります。

貴重な経験をさせて頂き、有難う御座いました。

不動産事業部 主任 長島美沙希