誕生日休暇

先日は母の誕生日でした。我が家では兄弟で個別にプレゼントを贈っており、後日にならないと誰がどんなものを贈ったのか分かりません。
未だにじゃれ合いの好きな弟たちは、実家に届いたプレゼントを見せ合って、「俺の贈ったヤツがいちばんすごい」と男の子っぽい競争をしています。

そんな弟たちを見る母も還暦をとうに過ぎ、笑い皺がますます深くなりました。甥が生まれてから、母の顔が徐々に「おばあちゃん」の顔になっていてびっくりしたことがあります。
私たちのお母さんじゃなくて、甥っ子のための「おばあちゃん」になっても良いけど、心だけは若くいてほしいな。

ということで、今回は可愛いハンドバッグをプレゼントしようと思いました
(前置きが長くなってしまいすみません)。

お休みの日、八王子駅や立川駅のデパートをめぐって母に似合うバッグを探し回りました。しかし、これといってピンと来るものがありません。
家に帰り、うんうん唸りながら三時間くらいネットショップを彷徨っていると、ハリスツイードのミニバッグを見つけました。
母はフェルト生地で出来たものが大好きだし、時期的にもぴったりです。
今にも売り切れそうになっていたものを、素早くポチッとして、実家に贈りました。

誕生日カードは付けられなかったので、家族のグループLINEから

「お母さん、お誕生日おめでとう! 素敵な一日を過ごしてね!」

続くように弟たちから「おめでとう」と無骨なメッセージと、かわいい花束のLINEスタンプが届きました。
後日、母と会ったとき、贈ったバッグを身につけてきてくれました。気に入ってくれてうれしいです。
そして弟たちは今年も「俺のプレゼントがすごい」自慢をしていた模様(笑)

お母さん、いつまでもやんちゃな弟たちと、色々な場所をうろうろしている私を育ててくれてありがとう。
少しでも恩返しができるように、これからもお仕事頑張ります。

情報管理部 Y.I