観かえしたくなる映画

以前鑑賞した映画を観かえしたくなることがあります。

定期的に「あ、また観たいな」と思う映画が数本あります。

内容はわかっているものの、ストーリーに惹かれているのか、登場人物に惹かれているのか、とにかく「また観たい」と思います。

最近観かえした1本、

三谷幸喜監督「ラヂオの時間」。

1997年公開の邦画です。

ラジオドラマの放送をめぐって、登場人物1人1人の個性が良い感じに笑えるコメディ映画。些細なことからいろいろな設定が変わっていくドタバタ感と、そんな中で1人1人の「仕事に対する思い」が伝わってくるリアル感が、自分にとってはどこかツボで、中毒性があります。

また、個人的な好みを言わせていただくと、ある限られた中だけでストーリーが展開する作品に、とても敬意を感じます。今回の作品のようにラジオ局の中だけといった、舞台が「建物」の中だけとなると、キャラクターの濃さやテンポの大切さが非常に浮き出ると思います。そういったことを踏まえながら、観る人に感動を伝えるすごさに「感動」です。

「この中だけで何とかして」と言われた時、どれだけ自分にアイディアを出すことが出来るかは、仕事の上でも実は大事なことだと思っています。すでに設定されているものの中で、他との違いを見せたり結果を出したり、そういうことが出来るようになりたいと思う自分がいることも、この作品を観かえしたいと思う1つの要因なのかもしれません。

夢の力 H.T