コロナ禍での広告

嘉手納営業所では毎週金曜日に嘉手納基地新聞サムライゲートを発行しています。嘉手納基地の記事を中心に、海軍、海兵隊、陸軍と沖縄駐留の米軍関連記事を掲載しており、多くの人に読まれています。サムライゲートでは地元のお店の紹介をして、基地関係者が地元沖縄の魅力を知ってほしく毎週多くの広告を掲載しています。しかし去年からのコロナ禍のため、飲食店やイベントなどの広告掲載のキャンセルが相次ぎました。そして、いまだに沖縄県内は全国の中でも感染者数比率も高く緊急事態宣言が長い間発表されています。それでも先日、お客様から2年ぶりに広告掲載の連絡があり、サムライゲートのことを覚えてくれたことに感激しました。サムライゲートは連絡を頂いたらすぐに対応することを心がけています。またクライアントの要望以上に満足させることをモットーにして行動しています。こうした迅速な対応をすることでクライアントへ安心して任せられる広告を多く取り扱ってきました。コロナの影響で緊急事態宣言などの警戒はまだまだ続くかもしれませんが、サムライゲートでは少しでも地元のお店の役に立てるように励みます。サムライゲートへ広告掲載を継続していただく多くのクライアントがいてくれて感謝です。

サムライゲート新聞は米軍関係発行の紙媒体の中で広告掲載の数がかなり多い媒体です。

嘉手納営業所 神谷卓哉