トマトとお雛様について

 以前社員ブログ「真夏の果実について」でご紹介させて頂いたトマトであるが、
優しく付き合ってあげたらお雛様シーズンを迎えても元気にしている。

Nakano42_01_800

 前回のブログの主役トマトさんは、
露地ものとして屋外で暮らして頂いていたが、
寒波のため1月中旬で天寿を全うした。

今回の主役トマト君は、トマトさんから強風で枝が折れたものを挿し木して
室内で育てていたらトマト君になった。

 上記写真のように、お雛様を愛でながら元気に花などを咲かせている。

Nakano42_02_800

 おまけに、露地ものトマトさんのものより小振りではあるが実も付けている。

 今年の夏まで、元気にしてもらうよう優しく付き合ってあげたい。

 会員番号を付けるべきか迷っている。

 今、管理物件として、みかん・レモン・ブルーベリーの木があるが、
暁町のお客様がみごとに育てている「さくらんぼ」に今年は挑戦してみたい。

不動産事業本部 課長代理 中野  一也