八王子青年会議所14

私が(社)八王子青年会議所に入会して早いもので
約1年3ヶ月が経ちました。

今日までたくさんの方と出会いいろいろな経験をさせて頂きました。
パネルディスカッションを開催したり、御神輿を担いだり、
八王子セレオでT-1グランプリを開催したり、
その事業を行なうために夜遅くまで打ち合わせを重ねて議論したりと
日々の生活の中とは違う経験をさせて頂きました。

時には、仕事じゃないのに何で遅い時間までやらなきゃいけないのだろうと
悩んだ事もありました。

Image1
Image2
Image3

(順に、パネルディスカッション JC神輿 T-1グランプリのチラシ。)
ですが、メンバー一丸となって行なった事業終えたときには、
何ともいえない一体感と達成感を味わう事が楽しいとも感じていました。

そんな私も、来年2014年は青年会議所の中の一つの委員会の
委員長をお任せ頂ける事になりました。
始まりは、6月の半ばでしたでしょうか、
本年度 拡大交流委員会の委員長の青田さんから電話を頂き、
話があるから今から大丈夫?の一言でした。
その日は、予定があり会うことが出来ずにその後も予定が合わず
話の内容も分からずじまいになってしまいました。

突然動き出したのが、弊社の経営計画発表会の時でした。
青田委員長とは、仕事上でもお付き合いをさせて頂いており
経営計画発表会にお招きしておりました。

経営発表会の合間、
青田委員長を見かけ今日のお礼を伝えようと思い声をかけた時でした。
小宅君こないだの話だけど、
来年拡大交流委員会の委員長を務めて欲しいと
次年度理事長から話が出ているのだけどどうかなとの事でした。

会の最中でしたので詳しいお話しは聞けませんでしたが、
そんな話とは想像もしていなかった事に私は???と一瞬何の事と
固まってしまいました。
すぐに我に返り、会社で参加させて頂いているので代表に相談してから
ご連絡させて下さいと返答しました。

その後の経営計画発表会は私が来年委員長???が頭から離れずに
飲んでも酔えずにいました。
正直、私で勤まるのか悩みましたが、
社長へ相談したところ『自分の為にもやって見た方が良いよ』との一言で
意を決しお受けすることにしました。
心配と不安は沢山ありますが、乗り越えられない壁はないと自分を信じ、
推薦して頂いた青田委員長の期待を裏切らない為にも、
来年度も今年以上に精一杯頑張って行こうと思っています。

自身の成長の為に、参加させて頂いている
社長始めエイトの仲間に感謝しております。

不動産事業部 課長代理 小宅 裕一