エイト社員ブログ「お食い初め」

先日、息子の「お食い初め」をしました。

お食い初め(おくいぞめ)とは、
新生児の生後100日目(または110日目、120日目)に行われる儀式。
「真魚(まな)始め」または「食べ初め」、
初めて箸を使うので「箸揃え」「箸初め」とも呼ばれるほか、
祝う時期が生後100日前後であることから
「百日(ももか)の祝い」「歯がため」と呼ぶ地域もある

正直、私、この「お食い初め」という儀式を知りませんでした。
新生児は、生後100日頃にだいたい乳歯が生え始めるそうで、
「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて
食事をする真似をさせる儀式だそうです。

伝統的な形の「お食い初め」は、
一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意される。
これには鯛など尾頭(おかしら)つきの魚および、
赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅のほか、
吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物(汁物)、
歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供される。
「歯固め石」は古くからの習わしでは地元の神社の境内から
授かるもので、儀式が終われば再び境内へ納める。
食器は正式には漆器で高足の御膳にしつらえる。

ということですので、
伝統にのっとり、お赤飯、筑前煮、黒豆、大根と人参のなます、
ほうれん草のごまあえ、かまぼこ等数々の料理を妻が前日から仕込み、
料理をしてくれました。
また、鯛の尾頭付きは母が用意してくれました。

Image1

豪華絢爛な料理を前に驚きを隠せない息子

Image2

ご満悦の息子

「歯固め石」は実家の近所の神社から母が頂いてきて、
丁寧に煮沸消毒までしれくれました。

Image3

「歯固め石」を手づかみで頬張る息子

さすがに家に漆器はありませんので、離乳食用にと義理の妹である
妻の妹が離乳食用の食器を買ってくれたので、そちらを使わせて頂きました。

みんな、本当にありがとう。

息子の成長を目の当たりにし、健康は本当にありがたい物だと感じます。

Image4_2

お疲れ様でした。

管理本部 情報管理部 課長 北片 剣伍