保育展②

もう一つうれしかったこと。それは、ママの絵を描いてくれたことです。
以前、保育園からママかパパの絵を子供たちが描くので、
どちらかの写真を持ってきて下さいとお便りがありました。

娘に聞くと、ママが良い!との事だったので、
ママの写真を持っていきました。どんな絵になるのかなぁと思っていたところ、
保育展で子供たちが描いた絵がずらりと貼ってありました。

Koji41

少し前は線を書くだけだったし、家でも色を塗るとかしかやっていなかったので、
展示されている絵を見ると、ちゃんと顔になってる~!!
とびっくりしました。

それに笑っている感じで良かった~
(写真はあるけど、怒っている顔だったらどうしようかと思いました…)

年齢が上になるとだんだんと上手になって、
年長さんのクラスも見てみましたが、本当に上手に描けていました。
保育展では、年齢を追うごとの成長過程を見ることができます。
そして、未来の成長を思い描くことができるとても良い機会です。
また来年も描いてくれると楽しみだなと思います。

この保育展には親達だけでなく、他園の保育士さんや
教育関係者の方々も多く見学にいらっしゃっていたようです。

理事長先生をはじめ、保育士の先生方が一生懸命子供たちの事を考えて
日々努力されているからだと思います。

去年も思いましたが、本当にこちらの保育園に通うことができありがたく思います。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

建物総合事業本部 主任 Y. K.