箱根研修旅行 黒タマゴの思い出

10月23日より1泊2日で箱根へ【研修旅行】へと行きました。

すでに何人かのブログで紹介している通り、
とても豪華なホテルへの宿泊となり、
ホテルの従業員のレベルの高さに驚かされました。

一例ですが、

1、どの従業員も挨拶が素晴らしいこと。
2、自分の本来の役割に関わらず、
    常にフロアにいる利用者に目を配り対応すること。
3、人に任せず、最後まで自分で
   (調べ物や案内など)対応すること。

特に、通りがかりの従業員に食事場所を聞いた際に
レストランまで引率する姿や、
食事中もホールスタッフがいつも気を配ってくれていて、
飲み物を頼むのにも声をかける前に
目が合っただけできてくれることなど、
気配りはここまでできるものなのだと、
日ごろの自分の対応の甘さに気づかされました。

この研修では芦ノ湖を横断して、
ロープウェーにて大涌谷へ初日に行ったのですが、
名物【黒玉子】について少しご紹介を…。

【黒玉子】…その名の通り殻が真っ黒に変色したゆで卵です。
この元の玉子は大涌谷の歩道から
1,2メートル外れたあたりにロープをわたし、
空中輸送されています。

Hakone20

空飛ぶ玉子には皆さんあまり興味が無いようで、
この輸送風景をわざわざ顔を上げて見送るのは、
私と小学生くらいの男の子という、
観客の少ないショーでした。

遊歩道のように整備された歩道をゆっくりと、
前の人につっかえながら登りきると、
黒玉子を売る小屋となかなかの眺望が広がります。

Hakone21

地面から煙を出す山肌は岩っぽくて、緑がありません。
他の観光客のおばさんが言うには、
2年前にはもっと煙がいっぱいだったとか。
さぞ、強烈な硫黄臭と迫力満点の景色だったことでしょう。

同じく、この小屋へと到着した【フライング☆タマゴ】ですが、
真っ白なタマゴたちが
小屋の隣にある温泉にこれから1時間ほどつかります。

Hakone22

のんびり温泉を楽しむと、みんな真っ黒に様変わりして出てきます。
ここで黒玉子を試食(買ってもらっちゃいました★ご馳走様です)

Hakone23

なにやら説明書きがありましたが、
ろくに読まずにとりあえず食べ始めます。
実はタマゴは苦手で、ゆで卵を食べるのは何年ぶりか…。

カラを剥いてみると、
真っ白なタマゴがでてきてちょっと面食らいましたが
(真っ白すぎて驚きました)、
すでにみんなは半分ほど食べ進めている状況。
もうゆで卵がどんな味かを忘れ去っていた私は、
意を決して、恐る恐る口に含みました。

すると、ほっこりとしてやわらかい味がひろがり、
思っていた以上においしくいただけました。
きっとみんなと一緒に、輪になって食べたからでしょう。

ホテルの食事や他の観光先での食事も、
どれも大変おいしくすばらしいものでしたが、
このタマゴが食べ物ではいちばんの思い出になりました。

これから、また【みんなで○○をした】思い出を
たくさん作っていきたいと思います。

♪ステキな思い出をありがとうございました♪

建物総合事業本部 山田真紀

株式会社エイトホームページへはこちらからどうぞ