帰省

祖母の49日法要に出席するために有休を頂いて地元広島へ帰ってきました。
本当は告別式に出席して最後のお別れをしたかったのですが、沖縄はまだ緊急事態宣言中。告別式に出席するのはお年寄りばかり。

家族とも話し合い、49日法要に出席する頃にはコロナももう少し落ち着いているはず、と願って告別式出席は見送りました。
幸い緊急事態宣言も解除され、無事帰省し49日法要に出席できました。

前回帰ったのは祖父の3回忌法要。あれから2年帰省していなかったので、祖父母が家族に顔を見せに帰りなさいと言っているようでした。
久しぶりに会う家族、従妹、親戚。久しぶりに話す広島弁。自然と話も盛り上がり、祖母とは悲しい別れでしたが、とてもいい時間が過ごせました。

私の地元は瀬戸内海にある島です。今住んでいるのは沖縄。島から島への移動はバス-飛行機-電車-路面電車-船、と公共交通機関フル活用です。その為、移動だけで1日がつぶれてしまいます。それでも見慣れた景色を見ると自然と笑顔が出ます。
普段人混みがある所には行かないのですが、公共交通機関を使うとなると人混みは避けられません。

今回はコロナがまだまだ落ち着かない状況での帰省です。
私が感染源になる訳にはいかないので、マスクと消毒剤を肌身離さず持っていました。
その甲斐あってか、無事元気に沖縄に戻ることが出来ました。

帰省の間、業務を代行してくれた沖縄支店の方々、ありがとうございました。

米軍海外事業部 F.K