エイト社員ブログ「大阪を襲った台風21号」

エイト社員ブログ「大阪を襲った台風21号」

2018年9月4日、
25年ぶりの大型台風と称される台風21号が大阪を直撃しました。

この日13:00までは「ホンマ台風来るん?」
という会話が、あちらこちらでちらほら聞かれるほどの晴天でした。

かくゆう私も「ホンマ台風来るん?」と思っていた一人です。
が、今回は本当に大阪を直撃しました。

その日、花村本部長が「NGKが心配やからちょっと見てくる」とおっしゃって
大阪支店を後にされたのが13:00過ぎ。
それからものの30分しないうちに外は真っ暗となり「何コレ!?」と思うほどの
風が支店の自動ドアを叩きつけます。

その音で私は仕事が手につかなくなり部屋の中から外の様子をうかがっていると、ありとあらゆるものが強風で支店前の道路に吹き飛ばされてきます。

コレはホンマにヤバイ…。

と思った瞬間、自動ドアの電源をOFFにしていました。

大阪支店があるなんばが大荒れだった時間は
13:30~15:30ぐらいだったと思います。
その後は、仕事をしながら電車の運転再開を待ち、
通勤に利用している御堂筋線が20:00頃運転再開したと確認できたため、
とりあえず西中島南方まで電車で行けば後は歩いてでも家に帰れると思い
急いでなんば駅に向かいました。

台風が過ぎ去った後、外をゆっくり見て回る時間などなく、このときはじめて外をゆっくり見てみると、停電で信号がつかない交差点では、警察官が手信号で車を誘導していたり、横たわるはずのない自動販売機が横たわっていたり、トラックが横転していたりと、今まで大阪で見たこともない台風の被害を目の当たりにしたとき、何事もなく平穏に過ごさせていただくありがたさを痛感いたしました。

翌日、私が利用する交通機関は全て平常運転に戻っていたため、何不自由することなく通勤することができました。これもひとえに昼夜問わず鉄道の整備をしてくださった鉄道会社の皆様のおかげと存じます。

感謝申し上げます。

建物総合事業本部 大阪支店 主任 田中理絵子